カルティエにとって、愛とは日常に綴られるもの。ふたりが愛し合う時、すべては祝福され、あらゆるシーンにカルティエは寄り添います。カルティエ ダイヤモンドは、そのかけがえのない瞬間の輝きを永遠に刻み込みます。そしてレッドボックスは、あなたのストーリーを物語る大切な瞬間を何倍にも高めるのです。

CARAT

体験する

ダイヤモンドの重さの単位であるカラットは、かつてダイヤモンドの重さを計るために使われたイナゴマメ(カロブ)の実に由来します。1カラットは0.20グラムに相当します。カルティエでは、台座に応じて、非常に幅広いカラット数のダイヤモンドをご用意しております。

4Cについて

COLOUR

体験する

ダイヤモンドは、限りなく無色に近いほど高級とされています。GIAは、ダイヤモンドのカラーをD(エクセプショナルホワイト)からZ(ティンテッドカラー)までのアルファベット順に23の等級で評価しています。カルティエではセンターダイヤモンドに、DからHのグレード内にある無色のダイヤモンドのみを選んで採用しています。このグレードに含まれるダイヤモンドは、蛍光が皆無であるか、ごくわずかに含まれているだけです。

4Cについて

GIA基準に基づく最高のカラーグレード

ダイヤモンドは、限りなく無色に近いほど価値が高いとされています。GIAは、ダイヤモンドのカラーをD(エクセプショナルカラー)からZ(ティンテッドカラー)までのアルファベット順の等級で評価しています。​

カルティエでは、DからHのグレード内にある無色のダイヤモンドのみを採用。カルティエのダイヤモンドには、蛍光性が皆無であるか、ごくわずかに含まれているダイヤモンドのみが選ばれています

CLARITY

体験する

内包物(インクルージョン)とはダイヤモンドの内部に自然に存在する不純物で、ダイヤモンドの品質に影響を及ぼします。ダイヤモンドのクラリティは、内包物の数とその大きさ、位置により決まります。GIAが定めたクラリティの等級表では、FL(フローレス=10倍に拡大しても内包物がない)から、I3(またはP3 インクルーデッド=肉眼で内包物が見える)までのグレードでダイヤモンドが格付けされています。カルティエはセンターダイヤモンドにIFからVS2のもののみを選び、肉眼では内包物が認められないきわめて高いクラリティの石だけを採用しています。

4Cについて

GIA基準に基づく最高のクラリティグレード

ダイヤモンドは、限りなく無色に近いほど価値が高いとされています。GIAは、ダイヤモンドのカラーをD(エクセプショナルカラー)からZ(ティンテッドカラー)までのアルファベット順の等級で評価しています。​

カルティエでは、DからHのグレード内にある無色のダイヤモンドのみを採用。カルティエのダイヤモンドには、蛍光性が皆無であるか、ごくわずかに含まれているダイヤモンドのみが選ばれています

CUT

体験する

ダイヤモンドに施されるカット、そしてその対称性とバランスは、4Cの中でも最も重要といえる基準です。ダイヤモンドのカットに関してGIAが定めるグレードには、“excellent”から“poor”まで5つの段階が存在し、ダイヤモンドのカット職人の才能と技量にすべてがかかっています。

カルティエはそのセンターダイヤモンドに、“good”から“excellent”のものだけを選んでいます。パヴェセッティングに使用されるダイヤモンドも、センターダイヤモンドと完璧な調和をなすよう、厳格なカットの基準にしたがい選別されています。

4Cについて

ラウンド

ペアシェイプ

オーバル

スクエア

エメラルドカット

マーキス